Fukushima Kids Support Project

第1弾 宮崎に来んねキャンプ!

第1弾 宮崎に来んねキャンプ!は多くの方々のご協力のもと、無事開催する事ができました。本当にありがとうございました。
報告書は下記よりダウンロードし、ご覧下さい。
FKSP第1弾 報告書

2012年2月24日〜27日 3泊4日(希望者は延長あり)
原発事故の放射能の影響で外遊びが出来ない福島の親子のリフレッシュキャンプ。
ソフトバンクや広島、西武などプロ野球やJリーグなどプロスポーツもキャンプ中の宮崎に来てリフレッシュしませんか?

24日 福島駅、郡山駅→東京→宮崎
27日 宮崎→東京→郡山駅、福島駅

ツアーの詳細はお申し込み後に送付します。
宿泊はホームステイが基本です。
滞在中、宮崎の子ども達との交流やプロ野球やサッカー観戦、農業収穫体験などいくつか企画は準備しています。フリーの時間もあるので、観光や公園でゆっくりするなど希望があれば対応できます。

なお、学校が休みではないので基本的に未就学児の親子での参加者を募集しています。
両親が参加できず、友人の子どもも一緒に参加するなど希望に応えれるようにします。
基本的に先着順で打ち切りとなりますが、カンパや募金が集まった段階で参加者が増やせる可能性はあるので、キャンセル待ち予約も受け付けます。
予約時に参加費を一緒に入金してください。ただし、格安航空券での手配になるので、参加者の都合でのキャンセルやへんきんができません。
引率者なしでの子どもだけでの参加は原則受付出来ません。

お問合せ TEL:アースウォーカーズ小玉 090-8301-1123
     もしくは、お問合せフォームよりお願いします。
主催 アースウォーカーズ
共済 JIK-NET 移動保育プロジェクト ハーメルンプロジェクト TEAM二本松

保養キャンプや避難支援は、チェルノブイリでも行われており、夏休みや春休みに子ども達を福島県外に保養キャンプに連れて行くサマーキャンプやスプリングキャンプを毎年計画して行く予定です。
このプロジェクトは普段、野外で遊べない子ども達が海水浴など裸足で外を駆ける笑顔はとても素敵で、放射能から離れる事と思いっきり笑顔で遊びストレスを解消することがとても有意義だと感じています。
そして、避難や移住したいという家族の支援も計画中。
今後は、海外などにも福島の子ども達を連れて行くサマーキャンプの企画なども考えています。

これまで保養キャンプに参加した福島の親子は「外で裸足になって虫取りを出来て楽しかった!」「久しぶりに外で深呼吸しておいしい空気を吸ってリラックスできた!」など、日常とは異なる福島から離れる事によってリフレッシュできたと、歓迎されています。
つきましては、このFukushima Kids Support Projectを支援できる企業や個人、また、ボランティアスタッフを募集しています。

サポーター募集

福島の子ども達が一人でも多く保養キャンプに参加出来るように、個人、企業からの支援を募集しています。
東日本大震災から月日が過ぎ、少しづつ過去の事となりカンパや募金がなかなか集まらなくなっています。
しかし、原発事故の影響に苦しむ福島では外遊び制限されストレスが日々増しています。
皆様のご協力を、お願いいたします。

お問合せ TEL:アースウォーカーズ小玉 090-8301-1123
     もしくは、お問合せフォームよりお願いします。

チラシデータ ダウンロード

FukushimaKidsSupportProject 第一弾チラシ