特定非営利活動法人アースウォーカーズ 

イラク戦争を知らない君たちへ
あの時、どんな風に戦争が始まったのかを伝えたい

イラク戦争から18

『イラク戦争を知らないキミたちへ』

〜〜あの時、どんなふうに戦争が始まったのかを伝えたい〜〜

【主な報告者】
・高遠菜穂子(エイドワーカー)
・志葉玲(ジャーナリスト)
・原文次郎(フリーランスエイドワーカー)
・綿井健陽(映像ジャーナリスト/映画監督)
・相沢恭行(シンガーソングライター)
・安田純平(ジャーナリスト)
・菱山南帆子(許すな!憲法改悪 市民連絡会事務局次長)
・佐藤真紀(国際協力アドバイザー/Team Beko代表)
・ 小原美由紀(ピースウォーク金沢実行委員)
・ 池田香代子(ドイツ文学翻訳家/口承文芸研究科)
・ 原口一博(衆議院議員)
・ 近藤昭一(衆議院議員)
・ 池住義憲(JIM-NET副代表)
・ 高田 健(許すな!憲法改悪・市民連絡会事務局長) 
・ レイス・アルトファイリ(イラク人)
・ファラハ&サハル(イラストレーター/建築家)
・小玉直也(NPO法人アースウォーカーズ 代表理事)
・内山隆(アマビズ:天草市企業創業・中小企業支援センター長)
・布施祐仁(ジャーナリスト)
・チョウ・ミス(日韓翻訳・ラジオパーソナリティー)
・伊藤和子(弁護士・ヒューマンライツナウ事務局長)
・ユーセフ(通訳家)


 
2003年に始まったイラク戦争は、大儀なき戦争と言われています。

アメリカがイラクを攻撃するという理由は、
 「独裁国家からイラク国民を救うため」、「大量破壊兵器を隠しているから」などと二転三転し、明確に納得できるものは何もありませんでした。

しかし、当時の日本政府は、真っ先にアメリカのイラク攻撃を支持すると表明したのです。 
後年、攻撃を指揮する立場だったアメリカのブッシュ大統領やイギリスのブレア首相が
「イラク戦争をしたのは間違いだった」
と後悔する発言をしていますが、日本は今現在もその過ちを認めていません。
 
イラクは当時、国連の大量破壊兵器査察を受けていました。
性急に武力行使をすすめようとするアメリカとイギリスに対し、
フランス・ドイツ・ロシアは査察を継続すべきだと主張していました。

政治家だけではありません。
開戦が現実味を帯びるにつれて、数十万人規模のイラク戦争反対デモが世界各都市で起きました。

日本でも若い人達を中心に、
「なぜイラクを攻撃するの?」「21世紀は戦争のない世紀に!」と、
各地でピースウォークが開かれたり、アメリカ大使館を囲むアピールが行われたり、
非常に大きなムーヴメントが巻き起こりました。

しかし、イラク攻撃は強行されました。
私たちは戦争を止めることができなかったのです。

SNSのなかった時代、
空爆の光と戦火に燃えるバグダッド、泣き叫ぶイラク市民の姿をテレビ画面に見るしかありませんでした。

 
あれから18年。
イラク戦争の余波は、今もイラクの人々を苦しめ、世界に影響を与え続けています。
悲しいことに、新たな紛争や戦争も絶えません。

でも、良いこともあります。
SNSの時代になり個人の発する力が大きくなりました。
私たちの時代にはできなかったことがたくさんできるようになりました。
それは、紛争・戦争を止める力にもなるはずです。

今回、このイベントに登場するのは、
なんとしても戦争を止めなければ!という思いに駆られて、
320日の開戦まで(そして開戦後も)、必死に走り続けた学生や社会人、
メディアやNGOの関係者、政治家、様々な立場や肩書きの人々です。

「あの激動の日々で、私個人の人生も大きく変わった」と語り、
 イラク戦争から学んだ教訓を活かし、今もそれぞれの分野で活躍されています。

2021320日、
あの時の当事者たちが史実からは知ることの出来ない一人ひとりの内なる戦いを語ります。

無料にてご視聴頂けますので、ぜひご参加をお待ちしております。

 

【リレートーク】

2003年イラク戦争開戦前後、あなたはどこで、何を思い、何をしていましたか?


 

主催

・イラク戦争の検証を求めるネットワーク
 

協力

・NPO法人アースウォーカーズ
 

日時

 2021年3月20日 20:00〜 
 

視聴方法

 下記のボタンよりライブ配信にご参加ください
 

 
 
 アースウォーカーズの公式YouTubeチャンネルは >>> こちら
 ※チャンネル登録をして通知をオンにしてお待ちください
 
 
当日スピーカーとして参加される方は >>> こちらから登録をお願いします
 
 

【リレートーク】

2003年イラク戦争開戦前後、あなたはどこで、何を思い、何をしていましたか?

<タイムテーブル予定>
 
下記は現在調整中の予定なので、変更する可能性があります!
 
20:00スタート
 

司会:高遠菜穂子(イラク戦争検証ネットワーク)


開会の挨拶:和樽真理安(アースウォーカーズボランティア)
「イラク戦争を知らない中学生からのメッセージ」
 
 
志葉玲(イラク戦争検証ネットワーク)
「イラク戦争概略スライドショー」


ユーセフ(通訳家)
「イラクで生きるボクたちは」
  

池住義憲(JIM-NET副代表)
「3.20 加害者を強いられた日」


小原美由紀(ピースウォーク金沢実行委員)
「小さくて大きな力を集めて」


原文次郎(フリーランスエイドワーカー)
「加害国のアメリカで開戦を迎えて」

  
綿井健陽(映像ジャーナリスト/映画監督)
「イラクの戦乱は、2003年3月20日から始まったわけではない」

  
菱山南帆子(許すな!憲法改悪 市民連絡会事務局次長)
「あの時13歳だった私はなぜ行動したのか」


近藤昭一(衆議院議員)
「イラク戦争が変えた世界」


原口一博(衆議院議員)
「いち早くイラク戦争支持を打ち出したのは誰か?今なお誤りを認めさえしない者は誰か?」


 レイス・アルトファイリ(日本在住イラク人)
「僕が9歳の時、イラク戦争が起きた」


高田 健(許すな!憲法改悪・市民連絡会事務局長)
「WORLD PEACE NOWの運動の事」


佐藤真紀(国際協力アドバイザー/Team Beko代表)
「バグダッドの音楽学校のお話」


相沢恭行(シンガーソングライター)
「”人間の盾”でイラク戦争を体験、そして今はイラクの歌で平和をつなげていく」


池田香代子(ドイツ文学翻訳家/口承文芸研究科)
「初心者マークの戦争反対」


内山隆(アマビズ:天草市企業創業・中小企業支援センター長)
「あれから18年。僕には、イラク戦争で世界の八百長試合がバレました。戦争も貧富格差も環境も全ては人間のせい。だから変えられる。奪い合いから共生の生命民主主義へ」


安田純平(ジャーナリスト)
「イラク戦争で新聞社を辞めた」


伊藤和子(弁護士・ヒューマンライツナウ事務局長)


小玉直也(NPO法人アースウォーカーズ 代表理事)
「日本とイラクの小学校交流での出来事」


ファラハ&サハル(イラストレーター/建築家)
「戦争の中で育った私たちを救ったのは日本のアニメだった」


 布施祐仁(ジャーナリスト)
録画で報告
 
 
ナチョウ・ミス(日韓翻訳・ラジオパーソナリティー)
「イラク戦争とワールドピースナウと私」


クロージング:主催者より
 
 
 
 
上記は現在調整中の予定なので、変更する可能性があります!

 

スピーカーの参加が確定し次第、随時掲載します。
しばらくお待ちください。